タグ:壺マスター ( 6 ) タグの人気記事

 

それから私はとりつかれたかのようにそいつのことを調べ始めた…

昨日はさきほどの記事の通り、ほとんど活動できませんでした。
ちなみに昨日活動したキャラクターはメリティアのみ。

d0148420_21354564.jpg


命名ギルメンのサモナーさん。この人はいつものネンマスさんでもありますw
名前の意味は金曜ロードショウでやっていた『耳をすませば』の
主題歌から。この映画昨日やっていたのですね…w
私が小学生の頃に見た記憶があります。

ただ、内容はほぼ覚えていなかったり…w
どんな話だったかな…?覚えているのは猫が出てくるくらい…w(ヲイ

ちなみにこの撲殺戦士という人はいつものメカさんことSGさん。
まぁ要するに岳さんです。人のこと撲殺天使だのなんだの言っておいて
あなたは自分から名乗っているではありませんか><

まぁそれは置いておいて。
さぁみんなでダンジョンいくぞぉ~!って感じで行ったのに
さっきの記事の通り固まってしまう結果に…。

…あぅぅ><みなさん、迷惑かけてすみませんでした><
そして掃除タイム、更新インストール何度もフリーズタイム…
そしてなんかインストールしたらまた重くなったので
再び掃除タイム…そして気づけばいつの間にか23時30分…。

その時間からようやく復帰するも、かなり眠くなってきてしまっていて…。

すぐに落ちました。何度かみんなとPTしたのですけどね…w

ちなみに、メリティアが集めていた壷ですが…

d0148420_21362298.jpg


こんなに集まっていました。といっても前と大して変わっていませんがw
ついにカディンルートに突入したのでもう全て割ると思いきや…

d0148420_2136437.jpg


なんとメリティアは何を考えたか姉のアリティアに
ポキン壷マスターへの道を託しましたww

そして姉のアリティアの元に壷移動w

d0148420_21371285.jpg


アリティアも壷をいくつか持っていたので何気に増えています。
こうしてどんどんベヒモ世代に受け継がれていく壷…
このアリティアがアルフへ行く頃には今度はクルセかスピに
この壷が託されることでしょう…。

さぁこの壷は結局どうなるのか…?
ポキン壷マスターの行方は…?次回へ続く!

ってことで気長にお待ちくださいな。
ちなみに、壷を託したことでメリティアの圧迫されていた
アイテム欄が…

d0148420_2137433.jpg


空きすぎww今度はカディン壷マスターでも目指そうかな…?w
ってことで今回はこれにて終了です。

ちょっと紹介し損ねた昨日のPT

d0148420_2138261.jpg


命名はおそらく撲殺さん。
名前の由来はおそらくストーンスケルトンの落石攻撃だと思います。
あの落石痛いですよね…><とても恐ろしいです。

ちなみに、後に上司さんが入ってきてこんなことが

d0148420_13323872.jpg


なんと空中で凍結してしまったww
バトメでは↑への攻撃手段が乏しいので鬱陶しいww

ではでは~w


オマケ

___________________________________________

「とても…とても…恐ろしいものを見ました…。」

少女はそう言った。まるで何かに怯えているかのように…。

「自分の目を疑いました…。まさか、アレを…」

そう言ったきり、少女はその出来事を思い出したのか
息の呑み、俯き、それきり喋らなくなってしまった…。
一体この少女は何を見たというのか…。

おっと、紹介が遅れた。私はシャール。
世間一般でいう記者という仕事をしている。
今回この少女を訪ねたのもその仕事のひとつだ。
ちょっとした噂を耳にしたのさ。

『この世のものとは思えないものを見た』

という…な。別に私は記者魂というものは持ち合わせてはいない。
でも、何か記事を書かなくてはメシを食っていけない。
だからこんな不確定要素の塊のような訳のわからん噂を頼りに
いろいろ調べまわってそして辿り着いたのがこの少女…というわけだ。

この少女はその『この世のものとは思えないもの』とやらを
目撃したらしいということで尋ねたのだが…まいったね。こりゃ。

全く喋りやしない。だが、別に記者魂ってものを持ってない私も
この少女の怯えようを見ていたら、だんだんこの噂に興味を持ってきたね。
何故か?答えは簡単だ。この子はこう見えても俗にいう『冒険者』ってやつなんだぜ?

しかも、この子はなかなかの凄腕だ。
なんたってあのビルマルク帝国が作ったと言う
並の冒険者では立ち入りができない試験場に行ってそして
その試験場の暴走ロボを倒して帰ってきたというほどのものだからな。

だが、その冒険者が怯えている…。これは記者でなくとも、
興味がわくってもんさ。

しかし、何時まで待っても少女は口を閉ざしたままだ。
このままじゃ埒が明かん。

「…なぁ、嬢ちゃん。全部話さなくていいんだ。
 ただ、噂のアレがどんなのか大雑把でもいいんだ。
 少しだけでも話してくれないか?」

何時まで経っても口を開かないので
私はもう一度訊いてみた。

そしてしばらく経ったとき…少女は覚悟を決めたような顔をして顔を上げ
…そして…口を開いた。

「……アレは……みんなも知っている奴です…。」

「みんなも…知っている…?」

私は思わずそう問い返した。
だって変ではないか、みんなが知っているような奴相手に
どうしてそこまで怯えたような態度を見せるのか?
それにそれが『この世とは思えないもの?』わけがわからん。

「ええ…冒険者ならみんな知っているはずです…。
 この大陸を旅している人なら…きっと…いえ!絶対に皆知っているはずです。」

少女はそう言い切った。

「絶対に知っている奴…か。でもそれならどうしてそこまで
 怯えているんだ?それに、その皆知っているものが
 『この世の者とは思えないもの』なんてことは――」

「知っているからこそ怖いんです!!」

私の言葉を遮って少女は叫んだ。
これには私も流石に驚いた。

「あいつはいつでも付き纏ってきた!あいつはいつも側にいた!
 あいつは…あいつは例え私がどこに居ようともついてくる!!」

少女は取り乱していた。

「…いつでも?ストーカーの類なのか?
 でも、それだと皆が知っているということには――」

「どうしてかはわからない!でも…でも…!!おかしいんです!
 いつも私の側にいた。だから最初はただおっかけてきているだけかと
 思った!…思っていた!でも、違うんです!!」

また少女は私の言葉を遮って叫んだ。
…おっかけてきているだけだと思ったけど違う?そりゃどういうことなんだ?
そう疑問に感じたが、その答えはすぐにわかった。

「ある日、私は知り合いの冒険者と同じ時間に別々のダンジョンに行きました。
 そしてそのダンジョンで、やっぱりそいつに会いました。
 でも…でも、私と同じ時間に帰ってきたその知り合いが言ったの!
 『やっぱりあいつに会ったなぁ』って!詳しく話を訊くと
 同じなんです!その知り合いが言ったそいつの特徴は…
 私の会ったそいつと一緒なんです!!写真を見せたら、
 その知り合いは『ああ、こいつだ!』と確かに言いました!
 でも、そんなのあり得ない!!だって…だって…あいつは
 その時間、全く別の場所で私と会っているんだもの!!」

「ちょっと待ってくれ。落ち着いてくれ。
 ただの瓜二つの別人か、双子だったという可能性もあるじゃないか。」

私は少女を諭すようにそう言った。いや、言わずにはいられなかった。
だってそうだろ?そうじゃないとしたら…。

「その可能性も当然考えました…。でも!…でも!
 他の何人もの冒険者にも訊いてみたんです。すると、みんなこう言いました。
 『ああ、知っている。いつもこいつ最後に出てくるんだよなぁ~』って!
 二人や三人ならまだただの双子や瓜二つで済まされるかもしれない!
 …でも…でも!何十人…何百人もとなってくると不自然どころの話ではないでしょう!」

「………。」

私は言葉を失ってしまった…そいつは一体どういうことだ…?

「そいつが…そんなどこにでも、どうして現れるかも
 わからないやつが… あんなことを平然とやってのけるだなんて…
 そんなことできるやつがいつでも付きまとってくるだなんて…!
 そう考えると…私……私……!!」

そう言って少女は震え始めた。
このままではまた繰り返しになってしまう。
私自身もそんな奴が居たこと自体に驚きを感じているが、
これは訊いておかなければいけない。

「…それで、嬢ちゃん。そいつが何をしたっていうんだい?」

「ビルマルク試験場に行った時です。そこにいるメカ。
 ハイパーメカタウを倒したときでした…。
 いつものようにそいつが現れたんです…すると…。」

「すると?」

…少女はそれまでの取り乱しようがうそのように
冷静になった。…そしてゆっくりと口を開いた……

「あいつは……そのハイパーメカタウを…片手で平然と持ち上げたのです…
 あんな何tあるかもわからないような…歩いただけで地面が陥没するような
 恐ろしい重さのメカを片手で…軽々と……!」

「な…なんだ…と…?」

歩くだけで地面が陥没するほどの重さのやつを…?
そんなバカな!そんなことがあってたまるか!!
今度は私のほうが取り乱しそうになったとき…
少女は一枚の写真のようなものを取り出した…

「……っ!!!」

それを見て私は心臓が止まったかと思った…。
そう…それは間違いなく…バカでかいものを平然と持ち上げていた…。

d0148420_21385951.jpg


……こいつは一体…何者なのか…。

To be continued?
[PR]

by thirieru | 2008-02-23 21:44 | アラド戦記  

先ほどはすまない防具よ!セット効果のある防具は必須だった!!

あぅぅ…明日は教習場ないからって
ちょっとはしゃぎ過ぎちゃったかも…
さっきまでアラドやっていました…。

今回も分けて投稿しますね。
というか、これからはそれが主流になりそうです…w

とりあえずメリティアのレベルが37になりました。
そして、ポキン壷の集まり具合は…
d0148420_3484254.jpg

私集めすぎ…w
でも、も~っと集めたいと思いますw

ちなみに、次の活動でレベル38になりそうですねw

さてとではアラドキャラでいきなり次回予告いってみよ~!w



 G・S・Dとロトンは遊園地でデート。
 お化け屋敷に入った2人はとんでもない目に…!!
 なんとそこにはG・S・Dの元恋人シンダの姿が!!
 恐怖のあまり声もでない2人、
 それを嘲笑いながら見ているシンダ。

 次回予告「シンダは時給710円でバイト中」
 「鎖骨フェチなG・S・D!!」
 「実は30代前半のロトン!?」
 この3人の運命やいかに!?
 来週もみてね!!


……ごめんなさい><最早どこから突っ込めばいいのかわからないです><
こんな楽しみがいきなり次回予告。まぁこれはこれでいいでしょうw

ちなみに、今回使用したキャラクターは
序盤にお世話になるこの三人組

1 ロトン

2 G・S・D

3 シンダ

でしたwではでは今回はこれにて終了です。それでは~w
[PR]

by thirieru | 2008-02-04 03:49 | アラド戦記  

さらば!宿敵よ!そしてベヒーモスよ!!

今日はやりすぎました…w
激しく眠いです…。というわけで、
詳しいことは明日に回して、
簡単なことだけを…。

ついにあの宿敵との決着がつきました。
d0148420_425296.jpg

それで、おじいちゃん。
その防具とやらはいつ完成するの?
私はそれが気になって仕方がありません。

ちなみに、みんなのヒーローこと、
ポンマスのLaicaさんがレベル35になり、
アルフへの入場権を手に入れられたので

『今日中に35になれw』

当時33の私に言ってきて

『無茶言わないでww』

って返したのですが……
d0148420_426245.jpg

ごめwwがんばりすぎたww
未だに武器がエアースプリッターなので
明日は35の青字棒を探してくる事とします。
NPCは35は白しか売っていないので
探すのが大変そうですが…仕方ありません。
このままでは火力不足ですからw

あと、壺も順調です。
d0148420_4262894.jpg

一気に増えましたww
ついに私もこれでベヒ卒業なのですが…
これでポキン壺収集が終わるかと言えば、そうではない!
ポキン壺はシャローでも手に入るのですw
ということで、まだまだポキン壺は収穫していきますよw
最終的にはどこまで手に入れられるのか…楽しみですw

それではw詳しい事はまたあとで書きますね~。
ではでは~w
[PR]

by thirieru | 2008-02-02 04:27 | アラド戦記  

夢の節分イベント

ムゥ~…最近夜には書けない…w
今日も夜遅いので、活動の詳細は起きて、
自動車教習場が終わってから投稿しようと思いますw

ってことで、今はちょっと違うことを…。

ついに節分イベント始まりましたね。

d0148420_122210.jpg


このイベントのあらすじはこうです。

『鍛冶屋の仕事に追われるライナス…
 街の皆に任せれた仕事は節分の年男だが、
 ライナスは困っていた。彼の悩みは!?』

そして彼に会った時彼はこう言いました。

『鍛冶屋の仕事が忙しくて豆を集められない』…と

え?あなたって暇人じゃなかったの?

しかし、このときに言われる『鬼退治』という台詞は
この人達に失礼じゃありません?w

d0148420_1233454.jpg


「お、俺は何もやってない!本当なんだ!信じてくれ!」




何もやってないのに退治される鬼カワイソス。
ただでさえ、不遇の冬の時代なのに…さらに追い討ちをかけるか!運営め!
ちなみに、豆を集めてこなければいけないみたいですね。

d0148420_1251023.jpg
こんなの


炒った豆というやつを集めて
レシピを手に入れて

d0148420_1271458.jpg

このかなり良好な称号を手に入れるのが
今回のイベントの目的っぽいです。
ちなみに、レシピはブラックミスト(英訳)さん曰く
ダンジョンでドロップできるそうです。
もう1Mで買取を求めている人がいるとか…
手に入れたら売るのも手かもしれませんねw

しかし、この称号…ボロディンと並んで
凄くいいものなんじゃ…wとことん攻めるならボロディン。
守りに徹するならこっちの称号…と使い分けができそうですw
ついにあのボロディンに並ぶ良称号登場ですねw
豆も意外と手に入りやすいですし、
今回はかなり良い報酬ですw
…しかし、難点が…。たぶん、
これ期限付きなんじゃないのかと疑っちゃうのですよね…。
なにせ無料イベントですし…。
そこらへんは明日公式にイベントの詳細が書かれるらしいので
そこに注目ですね。しかし、

イベント開始の次の日に詳細を書くってどういう了見なんだ。

期限付きじゃなかったら神性能。
さてさて、今回はどうなるやら…。

ちなみに、板拾いに行くといったけど今の進行状況
d0148420_1302164.jpg

ほとんど集まってないwごめwサボってたw
でも、白夜のクエストは眩しい以外は全て終わりました。

あと、ポキンの壺も順調に集まっています。
d0148420_1313226.jpg

こんなに集めてどうするんだw私w
でも、この収集が何気に面白いのでまだまだ集めますw

では、今回はこのへんで。
活動詳細は最初に言ったように、後で書きますね~。
[PR]

by thirieru | 2008-01-31 01:35 | アラド戦記  

1月27日の活動!

今日の深夜は大変お騒がせいたしました…。
私、昨日の深夜に何を書いているんだか…w
さっき読み直した時にとても後悔いたしましたよ、えぇそれはもうw
私、眠くなるといろいろとおかしくなっちゃうのですよね…
とりあえず、見ていて不愉快な気分になられた方が居たら謝ります。
すみませんでした><

回す人のやつに『見てくれた人全員』と言いましたが、
当然強制なんていたしません。というか、できるわけないけどw
ちなみに、呪いっていうのもありませんよ?ほんとですからね!

ってことで早速昨日の活動の話ですが…。
実はここ最近日曜日は毎週おばあちゃんが営んでいる
タコ焼き屋へお手伝いに行くのが習慣なのですが、
今回は自動車教習場の都合でキャンセルに、
だから、遊ぶ時間一杯あったのに…
お昼は完全に寝ておりました…。
あぁぁぁ!せっかく遊ぶ時間ができたのに何やっているんだ><

ってことで活動したのは3時~4時までの間と
6時~8時、そして10時~11時30分までです。
それでも、結構できましたw流石休日ですね。

そして昨日もがんばってハロウアイのパーツ集め。
しかし、これがまたまだ終わらない…レベル31になっちゃいましたw
しかし、なんと驚きなことにアレックスが先に終了。
これはいつも最後まで残っているのに…珍しいw

そしてPT封印解除にあたってまず最初に組んだのは
やっぱりギルメンの一人です。
この人とも、ちょっと前より重いですが
さほど問題はなく組むことができました。
この人はネンマスでそのサポート力はやっぱり頼りになりますw

このように囲まれてもネンマスがいれば安心です。
d0148420_14402244.jpg

よくあるシーンとしてストーカー集団を前にして
蔦に拘束されてもご覧の通り、全く問題ありません。
d0148420_14404583.jpg

ネンマスの障壁いいwあと、カイや息吹による
攻撃補助もとても優秀ですねw何気に遠距離から
感電させることができるのもとても良い感じですw

ちなみにこの人にPCマークがついていますが、
このPCマークは謎でついていても大した変化はありません。
これは私のPCがおかしくなる前からも一緒のことなので
元々の仕様っぽいものみたいです。プロバイダが原因なのかもしれませんね。

この人もハロウアイが終わっていないので、ずっと一緒に回っていましたが…
どうやら、あっちも収穫がなかなかはかどらない様子…。
もうちょっとドロップ率上げて欲しいかもw

ちなみにこの人とはお昼と夜の二回組みました。
その時のPT名は…。
d0148420_14412334.jpg

これは私命名。そのまま読むと『自分がなによりも偉い』といったような
意味になります。『唯我独尊』と言うもの自体そんな意味です。
しかし、この『天上天下唯我独尊』というものは少し込み合った事情があり
昔にお釈迦さまとやらが…と言い出したら長くなりますね。
まぁちょっとした仏法のお話に出てきた言葉で
仏法的意味は『一人一人がかけがいのない尊い存在』とのことらしいです。
って私は一体何を言ってるのでしょうねw

そして夜の部
d0148420_14442529.jpg

これはギルメンさん命名。
これが命名されたことの発端は私がお昼に放った一言にあります。
ネンマスは燃費が悪いので、どうしても補助全開だと
道中でMP回復をガブ飲みしなければいけないのです。
この人の場合はテキーラとぶどう酒をガブ飲みしているので
私が

「お酒をそんなにガブ飲みしながら戦えるなんて酔拳の体得者ですか!?w」

って言ったところ、なんか変な方向に話が傾いていき…
そして夜組んだとき、こんなPT名になっちゃいましたw
しかし…テキーラをそんなにストレートで何本も…そして
ぶどう酒までラッパ飲みだと…普通はぶっ倒れますよw
それどころか急性アルコール中毒で死ぬってww
しかし、あの人はこう反論しました。

「そんなもの、念の力でどうとでもなるのですよw」

…念SUGEEEEE!!!

ちなみに、ポキンの壺制覇致しました!
d0148420_14453643.jpg


これで私もポキン壺マスターだw(ダマレ

これからベヒ滞在中にどれだけ集まるかやってみますw
[PR]

by thirieru | 2008-01-28 14:48 | アラド戦記  

1月26日の活動は…?

あぅぅ…昨日は眠ってしまい、更新できませんでした><
ってことで、今やっちゃいましょうw

11時~12時までと4時20分~4時40分までと
6時10分~9時10分までと合計4時間20分も遊べちゃいましたw

やったことは、とりあえずやっぱりレベル上げ…w
活動したキャラクターはもちろんメリティアです。

とりあえず、今はハロウアイのクエストをやっています。
…しかし、やっぱりというべきか、なかなか集まらないですよね~…。
まだ結構かかりそうです。

そしてレベルが29になったあたりで、
突然ギルメンの一人が『手伝ってあげる』ということで
PT申請してきました。しかし、今の私のPC状態では
「ちょっと無理」だと言ったのですが、
あの人は強引なもので…まぁちょっと組んでみることにしました。
すると…
d0148420_12214.jpg

ほむ、意外と組める。
前にペアPTやった時はロクに動けなかったり、
ラグ過ぎたり…などなどの症状がありましたが、
意外とラグも少なく、そこそこ操作できました。

しかし、やっぱり重いです…。
攻撃がたまにあたるはずなのにスカったりとかもしましたが、
一応組めて戦えました。

そして瞬く間にレベル30にw
そのあと、脊髄で一気にレベル上げるということで
なんとジェネラルを連れて来ました。
d0148420_1224638.jpg

やっぱり強いです。将軍様。
しかし、レベルが上がる前に私が夕食の時間となってしまいました。
9時とかなり今日は遅かったのですけどねw
レベルが後少しで上がる…というところで昨日は終了。
今日もできる時間が結構あるので、今日中に上げておきたいですね。

今回、この人とは普通に組めたことから、
やっぱり相性の問題がかなり縮まっただけ…みたいな感じですね。
もっと幅が狭まったというべきでしょうか…?
全ては相性…か。これは辛いですね。でもまぁこれでまた
PTにチャレンジする意欲で出てまいりましたw
決闘は流石にちょっと重い状態では行く気にはなりませんけど、
PT封印は解除することとします。相性のいい人を探す旅へレッツGO!と
行きたいところですねw

ちなみに、壺がこんなに貯まっております。
d0148420_1231672.jpg

割れよ

とか言わないでくださいねw最近収集に凝っていますw
このまま全ポキンの壺全てコンプできるかな?w
これを割る時は私が所持アイテムに困った時か、
ベヒーモスを旅立つ時だ!…とか言ってみる。

ちなみに、勇者の箱もらえましたw
d0148420_1244591.jpg

ついでな話をすれば、アリティアはもらっておりません。
一体どうなっているのでしょうね?
一応、バグ申告はしたのですが、いつ届くのやら…
称号とかが送られる時にまとめて送るのかな?
これで送ってこなかったら文句言ってやるぅ~!

あ、久々のPTということでこれが今回のPT名
d0148420_1253545.jpg

これの命名者は前と同じ人です。
今回は珍しくご飯関係じゃなかった…と思ったら
何か元ネタがあるようです。
何かのアニメのEDの冒頭の台詞だとか…。
う~ん…私にはサッパリだw

ちなみに、咳があまりにも酷く、止まらない為
病院にいってきました。そして薬もらいましたが…
これで収まってくれるといいなぁ~。
この大事な時期に熱なんて出したら大変だ><

さてと、では今回はこの辺でw
それでは~w
[PR]

by thirieru | 2008-01-27 12:06 | アラド戦記