お前はトマトか…?私はポテトだっ!!

ちょっと前の出来事です。

二日やそこら前かな?メリティアの勇者称号の
日数制限があと数時間と迫ってきたので、
最後に決闘で勝ち点を稼ぐために称号使おうとしました。

でも、いくら軽量化を図ったとはいえ、
やっぱり人数が多い時間は(その時は23時頃だった)
決闘は安定しないようで止まりまくり……。

そこで、タイマンならどうだろ?ということで、
タイマン部屋を作成したら、何故かギルメンが乗り込んできて…w

そして、ギルメンからの『自分も混ぜろ~!』が続出。
結局ギルメンとの決闘大会になりました…w

人数が多いと決闘が安定しなかったので、
かなり不安でしたが、ギルメン同士だとなんの問題もありませんでした。

…これは、やっぱり相性が問題なのかな…?

まぁ身内決闘を楽しめるようになったのはとてもうれしいことですw
それまでは身内での決闘すらダメでしたからね…w

決闘内容は主に「身内強っ!!」「私よわっ!!」
ってことで結構負けまくりでしたが、それでもとても面白かったw

コンボもそこそこ豊富に使えるようにもなりました。

さて、そこで起こった出来事でも少し…w

まずはコレ。

d0148420_11162670.jpg


このバクはもう定番ですよねぇ~。
おそらく、このバグは決闘が終わったときに、
HP0の状態から一気に全回復するときに、一瞬だけ
HP0の状態になっていると判定されるから、
ポロっと出てくるのだと思います。

そしてコレ。

d0148420_11442445.jpg


そしてこれ、待機画面中で突然死ぬこれまた有名なバグですw
今回の決闘では毒もちが非常に多かったため、多発しました…w
このバグが起きるときはいつも毒でやられたとき…
ってことは、おそらくこれも闘志ロボと同じで
HPが0から全回復するまでにも何気に毒の判定が残っていて
回復する際に追加ダメで死亡判定を受けるかもしれません…。

そして、この画像ではわかりにくいかもしれませんが、
この倒れているネンマスさんをポンマスになっているSGさんが容赦なく踏みつけています。
それも…ジャンプで…wなんて情け容赦がない奴なんだww

そしてこんなことに。

d0148420_11172148.jpg


今度はそのSGさんが死亡バグに遭いました。
ってことでそのネンマスさん(この画像ではサモナーさん)が
その仕返しと言わんばかりに…って言っているけどww
SGさんの頭をそりゃもうグリグリグリグリ…と小刻みに動いて
SGさんよりも酷い具合に情け容赦なく踏みつける…w

そして画像ではわかりにくいかもしれませんが、
何気に上司さんと私もジャンプしてお腹から
頭あたりを思い切り踏みつけています。

…あ、酷いとか言わないでくださいね。ただの便乗。
そう、愉快犯なんですっ!(尚更悪い

……なんというか…危ない集団の拷問みたいな風景…ww

そしてコレ。SGさんが後からもってきたエレマスさんです。

d0148420_11191414.jpg


……なんというか…誰かに激しく似ている…w
そう…これじゃまるで…

d0148420_11193696.jpgd0148420_1119524.jpg








うん、後は羽があったら完璧だww

上司さんのレンジャイやバサカの常時暴走や、ギルメンのネンマスやサモナーの強さ。
そして阿修羅マンやメカなどなど、身内は持っているキャラが
豊富なおかげでいろいろな組み合わせも楽しめましたねw

一応、こんなことも…。

d0148420_11241824.jpg


わかりにくいかもしれませんが、メカVSメカです。
結構いい勝負でしたw中でも見所は

『ゲイボルグ~がはっ!!』

でしたねwゲイボルグ発動させようとしたら、
隙丸出しで見事にカウンターもらったり…w

あんなことしなければ、勝てたかもしれないのにw

さて、今回はこの辺かな?

あ、そうそう野良にこんな人発見。

d0148420_1124439.jpg


バサカの壷魔人さんですwバサカの壷魔人は目が赤く光っていて、
あの不気味な感じが最高ですよねっ!

では、今回はこの辺でw次は夜頃に卒業式のことでも書こうかな?
それでは~w


オマケ
_________________________

スピアマスターフィリティア

最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! DVD第1巻は、発売未定です。by虹のかけら

フィリティア「たぁぁぁぁ!くらえアッシュ!新必殺技!黄竜天空!!」

風邪のアッシュ「さあ来いフィリティアァァァ!オレは風邪をひいているから実は
          一回刺されただけで死ぬぞぉぉぉ!!ゴホッ!ゴホッ!」

(ザクッ!)

風邪のアッシュ「グァァァ!こ、このザ・病弱と呼ばれるキングスガードの風邪のアッシュが
          …ゴホッ!ゴホッ!こ、こんな小娘にゴホッ!ゴホッ!バ、バカナァァ!
          ゴホッゴホッ!」

(ドドドドドド)

風邪のアッシュ「グァァ!ゴホッ!ゴホッ!」

守護のミリア「風邪のアッシュがやられたようですね…。」

氷のアイストム「フフフ…奴はいつも風邪をひいているが故に
          我らキングスガードの中でも最弱…。」

炎のジェラード「あんな小娘如きに負けるとは我らキングスガードの面汚しとしか言えんな…。」

光のヴェデロス「王への対面はまかりならん!!」

フィリティア「くらえぇぇぇ!」

(グサッ!!)

キングスガード一同「グァァァァァ!」

フィリティア「やった…ついにキングスガードを倒せた…これでついに王への道が開かれるわ!」

ハンマー王ボロディーン「まさかここまで来るとはな…フィリティア…驚いたぞ。」

(ギィィィィ)

フィリティア「こ…ここが王の玉座だったなんて…感じる…
        王の憎悪…王の国への執着心…そして王の威圧感を…!」

ハンマー王ボロディーン「フィリティアよ…戦う前に一つ言っておこう。
               お前は俺を倒すのに『鎮静のチャーム』が必要だと思っているようだが
               …別になくても倒せる。」

フィリティア「な、なんですってっ!?そ…それじゃ…今まで払ってきた霊魂は…
        クロンター…あとで覚悟しなさいよ…今まで大金貢がせやがって…!」

ハンマー王ボロディーン「そして今まで俺の亡霊に取り付かれた奴らは解放しておいた…
                後は俺を倒すだけだな…フィリティアよ…。」

フィリティア「フフッ!上等ね!私も一つ言っておくことがあるわ!
        あんた、いつも風邪ひいているような奴を自分の側近に採用するから
        自分の王国が崩壊するのよっ!」

ハンマー王ボロディーン「フフフ…言いおるわ。
               俺も今それを非常に疑問に感じていたところだ!
               何故あんな病弱な奴を側近に置いたかということをな!」

フィリティア「はぁぁぁ!覚悟しなさい!ハンマー王っ!!」

ハンマー王ボロディーン「さぁ来い!フィリティア!お主など、叩き潰してくれるわっ!」

フィリティアの勇気が…アラド大陸を救うと信じて…!

ご愛読ありがとうございました☆
___________________________

最後の戯言

今まで悲惨なものしかなかったので、今回はギャグを…w
でも、ギャグは基本あまり書けない体質なので、
今回はバッチリ元ネタがあります。

これがその元ネタの漫画です。

d0148420_11251653.jpg


見ての通り、たった3ページで構成されておりますw

これはちょっとした理由で不人気になった漫画が打ち切りになった際に、
担当から3ページで仕上げろと無茶を言われ、
やけくそになった作家が見事、今まで張った伏線を全て回収した上で
四天王を全て倒し、最終決戦にまでもっていくという

『超展開ってレベルじゃねぇぞ!!!』

って感じに上手く仕上がっている伝説の最終回ですw

ギャグマンガ日和にて、見れるので
興味あるかたは Google にて

『ソードマスターヤマト』

と検索してくれれば、詳しくわかるかと思いますw
[PR]

by thirieru | 2008-02-29 11:42 | アラド戦記  

<< あ、あれ~?あれれ~? 冬も通り過ぎようとしているのに... >>